矮小歯について|横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F  045-317-4182
電話
メニュー

矮小歯とは

今回は、矮小歯(わいしょうし)というものについてお話していきたいと思います。

矮小歯という言葉をあまり聞いたことが無いという方もたくさんおられるのではないかと思いますが、簡単に言うと極端に小さい歯のことを意味する言葉です。このように病名のような言葉がついているとすごく不安になってしまう方も居られるかもしれませんが、すぐに何かしないと危険というケースは少ないのではないかと思います。

ただ、長い目で見ると治療したほうがいいケースも多くありますので、どの様なトラブルが考えられるのかなど知っておいてもらえたらと思います。

矮小歯

■矮小歯の原因

矮小歯の原因ではっきりとこれというのは実はわかっていません。可能性の段階という意味では、遺伝やビタミンDの不足などと言われることもあります。前歯や親知らずに起こることが多く、現在人は昔と比べると顎が小さくなってきている傾向がありますので、そのことが原因と考える人もいます。

■矮小歯の問題

・噛み合わせ
矮小歯があることによって、左右対称かつ上下の歯が1本に対して2本が噛み合うことが理想とされているバランスが崩れてしまうことがあります。このバランスが崩れていると、変な噛み癖がついてしまったり、顎関節に悪影響を及ぼしてしまう可能性などもあるため、注意が必要です。

・隙っ歯
上に書いた噛み合わせの問題と似ていますが、歯が小さいと隣の歯との間に隙間が出来てしまいます。そうなると本来隣同士で支えあっている歯が安定せず、隙間に向かって倒れてしまったり、見た目の問題でもあまり良いとは言えないのではないかと思います。

・治療方法の限定
矮小歯は一般的に目に見えている歯冠だけが小さいのではなく、歯茎の中に埋まっている歯根も同様に小さくなります。そのため、ブリッジなどの歯根を固定源とする治療が出来ない可能性もあります。

■治療方法

・矯正治療
矮小歯も、歯冠や歯根の状態にもよりますが矯正治療で治療することが出来ます。場合によって、上下や左右の歯列のバランスを考えて抜歯などの選択になるかもしれませんが、きちんとした診断のもとでご提案させていただくことが可能です。

・修復治療
セラミックの被せ物などを使用する修復治療も選択肢としては挙げられるかと思います。隙間を埋めることが出来るため、見た目や上下左右のバランスは整いやすくなるかと思いますが、被せ物の劣化なども起こりますので定期的なメンテナンスや再治療が必要になる可能性はあります。

この様に、矮小歯はすぐに悪影響が出るというものではありませんが、長い目で見ていくと様々なところに少しずつ影響を及ぼしてしまう可能性があります。見た目の問題はもちろんのこと、将来のしっかりとした噛み合わせ・歯列を保つために、一度矯正専門医に相談してみるのもいいのではないかと思います。

自立支援医療機関(育成医療、更正医療)顎口腔機能診断施設
プラージュ矯正歯科 / プラージュ子供矯正クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F (横浜駅相鉄口から徒歩6分)
TEL:045-317-4182 FAX:045-317-4114 Mail:info@prage.org

横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

診療時間【完全予約制】

  月火水金 日(月1回)
午 前 10:30~13:30 10:30~14:00 10:00~13:00
午 後 15:00~20:00 15:00~19:00 14:00~17:00

休診日/木・日・祝
※月1回、日曜診察後の翌月曜日はお休みです

カウンセリングのご予約はこちら