新型コロナウイルスへの対応|横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F  045-317-4182
電話
メニュー

新型コロナウイルスへの対応について

2020年は新型コロナウイルスが大流行し、社会経済にも大打撃を与えた年となりました。2021年も引き続きコロナウイルスに関する警戒が続いていますので、ここで改めて歯科医院としての新型コロナウイルスに対する対応についてお話していきたいと思います。

ウィルス

■感染症対策をしっかりと行っています。

よくメディアなどで、歯科医院は患者さんとの距離が近く、歯を削ったりする際に飛沫・粉末が飛散することから感染のリスクが高いと言われているのを見かけます。

確かに何も対策をしていない状態ですとかなり危険な環境だと思いますが、こういった患者さんとの距離や飛沫・粉末といった問題はコロナウイルスに限ったことではありません。

感染症を引き起こすリスクはそれ以外にも多数あり、私たち歯科医師は日々の診療において感染症対策をしっかりと行っています。さらに私たちのような矯正専門の歯科医院では、歯を削ったりすることがほとんどありませんので、飛沫・粉末といったリスクは少ない傾向にあるかと思います。

また、歯科医師個人の判断以外にも、日本矯正歯科学会として新型コロナウイルスに対する対応策なども取り決めて、それに準じた治療を行うようにしていますので、事細かな感染症対策を取ることが可能となっています。

参考:https://www.jos.gr.jp/3643(外部サイト)

■患者さんへのお願い

そういった状況で患者さんにお願いしていることがあります。

① 発熱(37.5度以上)が無いかどうか
② 直近の海外渡航の有無
③ 入室時の手指消毒
④ 診療時以外のマスク着用
⑤ 付き添いの方の人数を最小限にしていただく

こういったお願い事項を歯科医院として掲げていますので、各自チェックしていただき、可能な限りこちらに沿った対応をしていただくようお願い致します。

■歯科医院側の取り組み

歯科医院側での取り組みとしては、手洗いなどの徹底はもちろんのこと、使用機材の滅菌・消毒や換気を定期的に行うことによって空気中のウイルスの軽減に努めています。また、アポイントなども極力待合室で患者さん同士が接することの無いよう、最小限の人数で調整を行わせていただいています。

ウイルス感染を絶対に引き起こさないということは、現状ではどこに行っても難しいかと思いますが、必要な対策は出来る限り行っていきます。必要以上にナーバスにならないよう、何か気になることがあればいつでもおっしゃっていただけたらと思います。

自立支援医療機関(育成医療、更正医療)顎口腔機能診断施設
プラージュ矯正歯科 / プラージュ子供矯正クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F (横浜駅相鉄口から徒歩6分)
TEL:045-317-4182 FAX:045-317-4114 Mail:info@prage.org

横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

診療時間【完全予約制】

  月火水金 日(月1回)
午 前 10:30~13:30 10:30~14:00 10:00~13:00
午 後 15:00~20:00 15:00~19:00 14:00~17:00

休診日/木・日・祝
※月1回、日曜診察後の翌月曜日はお休みです

カウンセリングのご予約はこちら