マスクをしている間に矯正治療|横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F  045-317-4182
電話
メニュー

マスク装着と矯正治療の関係性

新型コロナウイルスの感染者数が一時期よりは減ってきておりますが、ここにきてオミクロン株の報告が増えてきているようです。また、これから冬本番になるにあたり、コロナウイルスだけではなくインフルエンザなどの感染症が多くなり、油断をすると危険な時期です。引き続きマスクの着用と手指の消毒を心掛けていただけたらと思います。

マスク

さて今回のテーマ、マスクの着用と矯正治療の関係性について見てみましょう。

マスクを着用している間に矯正治療をしてしまいたい

矯正治療を躊躇しているという人の理由はいくつかあるかと思いますが、見た目の問題(矯正装置を付けているのを見られたくない)という人も少なくはないと思います。その様な人から、マスクを着用している間に矯正治療をしてしまいたいというお問い合わせが昨年以降増えております。

従来であれば歯の裏側に矯正装置を取り付ける舌側矯正や、透明なマウスピースを着脱するマウスピース矯正など、出来るだけ見えにくい装置を使用するなどで周りの人から極力気付かれにくくするという方法を取っていました。

ただこのコロナ禍で四六時中マスクを着用することが当たり前となった最近では、そもそもマスクで見えないから表側の矯正装置でも良いかなという人の割合が多くなっているという雰囲気も感じ取れます。

表側の矯正装置は適応症例が広く、費用も他の装置よりリーズナブルなのが特徴です。

認識しておいていただきたいこと

ただ一つ認識しておいていただきたいことは、矯正治療の期間は個人差がかなり大きいという事です。パッと見た感じが同じような歯並びの方でも、年齢、顎の骨の形態、筋肉の強さ、歯の大きさなどによって大きく治療方法、期間が異なってきます。

海外の様子などを見ても、すぐにマスク無しで過ごせるようになるという事はないかと思いますが、マスク着用の期間で確実に治療が終わるという保証をすることは難しいのです。

もちろんおおよその治療期間を診査・診断の際にお伝えしますので、それから治療、装置を検討して貰ってもかまいません。

長い目で見て治療を検討

矯正治療は見た目の改善ももちろんですが、歯磨きがしやすくなり、虫歯、歯周病の予防的な効果も期待できます。長い目で見て、ご自身の歯を綺麗に残すために治療を検討してみるいい機会なのは間違いないのかと思います。わからないことや悩んでいることなどある場合は、いつでもお気軽にお問い合わせください。

自立支援医療機関(育成医療、更正医療)顎口腔機能診断施設
プラージュ矯正歯科 / プラージュ子供矯正クリニック

〒220-0073 横浜市西区岡野1-13-5サンエースビル2F (横浜駅相鉄口から徒歩6分)
TEL:045-317-4182 FAX:045-317-4114 Mail:info@prage.org

横浜 プラージュ矯正歯科クリニック

診療時間【完全予約制】

  月火水金 日(月1回)
午 前 10:30~13:30 10:30~14:00 10:00~13:00
午 後 15:00~20:00 15:00~19:00 14:00~17:00

休診日/木・日・祝
※月1回、日曜診察後の翌月曜日はお休みです

カウンセリングのご予約はこちら